スポーツトレーナーズ共有サイト

何の資格を取得したらいいのか?〜前編〜

こんにちは!
PT/ATの田原です!

前回までに「誰に対してどんなサポートを提供するのか」をまとめていきましたので,ざっくりとした「トレーナー像」が見えてくるのではないかと思います.

過去の記事はこちら↓

「誰に対して,どんなサポートを提供するのか?〜前編〜」

「誰に対して,どんなサポートを提供するのか?〜後編〜」

前回までの記事の内容を踏まえて,今回は「何の資格を取得したらいいのか?」について,主要資格について簡単にまとめてみました!

トレーナー関連の主要な資格として,以下のような資格があります.
(栄養士関連,メンタル系資格は割愛してます)

〆 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー (JSPO-ATC)
〆 ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会認定アスレティック・トレーナー(JATAC-ATC)
〆 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)
〆 全米アスレティックトレーナーズ協会認定トレーナー(NATA-ATC)
〆 NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)
〆 NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)
〆 NESTA認定パーソナルフィットネストレーナー(NESTA-PFT)
〆 NASM-PES

などがあります.
それぞれの資格の概要についてまとめていきます.

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー (JSPO-ATC)

日本スポーツ協会が認定するメディカルコンディショニング資格.
競技者の健康管理,傷害予防,スポーツ外傷・障がいの救急処置,アスレティックリハビリテーションおよびトレーニング,コンディショニングに当たる専門家.
現職のスポーツトレーナーを主な対象とした講習会・検定試験(理論試験・実技試験)の他,講習会と同じカリキュラムを履修することができる大学・専門学校で学ぶことで,講習・検定試験の一部または全てが免除されるシステムがある.
「日本スポーツ協会」

ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会認定アスレティック・トレーナー(JATAC-ATC)

ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会が認定する資格で,以下の資格要件を満たし,正会員登録をすることで取得できる.
1)同協会の講習会でスポーツ科学分野の単位を取得かつ,柔道整復師,あん摩マッサージ指圧師,はり師・きゅう師,理学療法士,作業療法士などの資格をもっていること
2)NATA認定トレーナー,または日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー の資格をもっていること
3)2年制以上の専門学校,大学または大学院においてスポーツ科学系のコースを卒業し,本協会が認定する臨床医学系および,スポーツ科学分野の単位を取得していること
「ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会」

日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)

一般人からトップアスリートまで,あらゆる対象や目的に応じて,科学的根拠に基づく適切な運動プログラムの作成と指導ができる専門家であることを証明する資格.ATI,AATI(上級),SATI(特別上級)がある.
「日本トレーニング指導者協会」

全米アスレティックトレーナーズ協会認定トレーナー(NATA-ATC)

NATA-ATCは,教育訓練,州法,規則および規制に従って医師の指示または協力を得ながら治療またはサービスを提供する医療従事者.医療チームの一員として,ATCによるサービスは,外傷・傷害や疾患の予防,健康促進と教育,緊急対応,検査と臨床診断,治療介入,傷害および疾患のリハビリテーションが含まれる.アスレティックトレーニングは,米国医師会によって医療業として認められている.
「全米アスレティックトレーナーズ協会」

NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA-CPT)

クライアントが求める健康増進や体力向上に関するニーズに合わせて個別のアプローチを用いてマンツーマンで運動指導を行う専門的能力をもつ人材を認定する資格.

NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)

主にアスリートを対象に,傷害の予防とパフォーマンス向上を目的として,安全で効果的なS&Cプログラムを提供する知識と技能を有する人材を認定する資格.
「NSCA JAPAN」

NESTA認定パーソナルフィットネストレーナー(NESTA-PFT)

NESTA-PFTは,フィットネス・ウェルネス業界で国際的に認知され,そのクオリティは大手のフィットネスクラブからも高い信頼を得ている.
「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会」

NASM-PES

医療従事者が作成した動作を科学的に考える資格.世界的にハイランクな資格として認知されており,身体の問題解決に必要な要素が幅広く学べる.
オンラインでの資格取得も可能である.
「NASM-PES」

以上のように「スポーツトレーナー」と言っても様々な資格があります.しかし,現状(2018年10月現在)では,これらの資格に法的な力はなく,これらの資格を有しておかないとトレーナーとして活動できないということはありません.唯一国民体育大会やオリンピックに帯同する場合,「日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー を有する者が望ましい」と記載がある程度です.

そもそも「スポーツトレーナー」というのは「立場」であって,「職業」ではないので,上記の資格を有していなくてもスポーツトレーナーとしての活動は可能です.何か致傷致死などの事故が発生した際,資格に付随する賠償責任保険がありますので,守ってくれるという安心感はあります.

スポーツトレーナーは,選手の怪我の予防・応急処置,その後のケア,リハビリテーションの指導を行うこともあるため,理学療法士,柔道整復師,あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師などが推奨されています.これらの資格については「後編」でまとめていきます!