スポーツトレーナーズ共有サイト

何の資格を取得したらいいのか?〜後編〜

こんにちは!
PT/ATの田原です!

トレーナーとして活動するためには,何の資格を取得したらいいか?ということで,前回は,トレーナー関連の資格についてまとめてみました!

何の資格を取得したらいいのか?〜前編〜

記事にまとめたように,トレーナー関連の資格といっても,様々なものがあります.国内で活動するためには,現状では,日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー が最も信頼のおける資格に位置付けられていますが,特に法的な規制はありません.

スポーツトレーナーは,その役割上,アスリートの怪我の予防・応急処置,その後のケア,リハビリテーションの指導を行うこともあるため,医療系の資格も推奨されているので,今回はその資格についてまとめていきます!

スポーツトレーナーとして活動されている方が所有する医療系の資格には,以下のような資格があります.

〆 理学療法士
〆 作業療法士
〆 柔道整復師
〆 あん摩マッサージ指圧師
〆 はり師
〆 きゅう師

それぞれの資格の概要についてまとめていきます.

理学療法士

医師の指導の下,寝返る,起き上がる,立ち上がる及び歩くなど,日常生活で必要な基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートする動作の専門家です.
高校卒業後,国が指定した学校か養成施設に入学し,3年以上専門知識や技能を習得して受験資格を得たのち,年に1回行われる「理学療法士国家試験」を受験・合格することで取得することができます.

作業療法士

医師の指導の下,入浴や食事など日常生活の動作や,手工芸,園芸及びレクリエーションまであらゆる作業活動を通して,身体と心のリハビリテーションを行う専門家です.
高校卒業後,国が指定した学校か養成施設に入学し,3年以上専門知識や技能を習得して受験資格を得たのち,年に1回行われる「作業療法士国家試験」を受験・合格することで取得することができます.

柔道整復師

打撲・捻挫・脱臼や骨折の回復を目的とした処置を行います.
高校卒業後,国が指定した学校か養成施設に入学し,3年以上専門知識や技能を習得して受験資格を得たのち,年に1回行われる「柔道整復師国家試験」を受験・合格することで取得することができます.

あん摩マッサージ指圧師

手,指などを用いて血行を良くしたり,こりをほぐしたりします.肩こりや腰痛,頭痛を和らげるなど,身体の不調の改善を図ることができ,スポーツ業界だけでなく,一般社会においても需要のある職業です.
高校卒業後,国が指定した学校か養成施設に入学し,3年以上専門知識や技能を習得して受験資格を得たのち,年に1回行われる「あん摩マッサージ指圧師国家試験」を受験・合格することで取得することができます.

はり師

身体のツボを金属針で刺激することで自然治癒力を高める,伝統的な東洋医学に基づく治療を行います.生活習慣病や事故後の後遺症などに有効かつ,副作用が少ない治療法としてニーズがあります.
高校卒業後,国が指定した学校か養成施設に入学し,3年以上専門知識や技能を習得して受験資格を得たのち,年に1回行われる「はり師国家試験」を受験・合格することで取得することができます.

きゅう師

身体の表面にもぐさを置いて燃やし,その熱刺激によって治療する漢方療法を行います.生活習慣病や後遺症などに有効かつ,副作用が少ない治療法としてニーズがあります.
高校卒業後,国が指定した学校か養成施設に入学し,3年以上専門知識や技能を習得して受験資格を得たのち,年に1回行われる「きゅう師国家試験」を受験・合格することで取得することができます.

私がスポーツ現場でお会いするトレーナーさんはこの中でも理学療法士や柔道整復師の資格を有する方が多いです.もちろんこれらの資格もトレーナー関連の資格と同様に,スポーツ現場で活動することに対して法的な規定はありません.

実際にスポーツトレーナーとして活動する際には,前述した通り,ケガへの対応が求められます.その際,そのアスリートのケガの状態がどういう状態か,どういう治療法があるのか,復帰までにどの程度かかるのか,などを本人やチームに説明・協議する必要があります.そのため,より専門的な知識があった方がスポーツ現場での信頼関係は築きやすいので,上記のような医療系専門資格を有している方が多く活動されているのだと思います.

もちろん,こういった資格を持っているだけではスポーツトレーナーとして活動するには不十分で,スポーツ現場特有のスキルが求められます.

次回は「トレーナーに求められる資質とスキル」についてまとめていきたいと思います.