こしの痛みで困っているときのチェックポイント

こしの痛みで困っているときのチェックポイント

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/130873.jpg” name=”もとこ” type=”r icon_green”](なんか最近、こしが痛いなぁ。。。)[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]ん?

もとこさん、どうした?

調子、悪いの?[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/130873.jpg” name=”もとこ” type=”r icon_green”]あ、だいじろうさん

最近、こしが痛いんですよ

でも、試合前だからなかなか休めなくて。。。[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]そっか。

休めないときは自分でケアしていくことも大切だよね!

こしが痛いときにおさえておくべきポイントについて説明していくね![/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/130873.jpg” name=”もとこ” type=”r icon_green”]はい!

助かります!

お願いします![/voice]

 

 

こしの痛みで困っているときのチェックポイント

こしの痛みで困っているときのチェックポイント

どんなケガでも同じですが、まずチェックしてもらいたいことは、「痛みのきっかけ」です。

痛みが出始めたきっかけがあったかどうかを思い返してみてください。

はっきりとしたきっかけがあり、急に痛みが出始めた場合は「スポーツ外傷」というケガで、はっきりとしたきっかけがなく、だんだん痛みが出始めた場合は「スポーツ障害」というケガになります。

とくに「スポーツ外傷」の場合は、整形外科(できれば、スポーツドクターが在籍している病院)でしっかりと診察を受けることをおすすめします。

[kanren postid=”2617″]

 

 

こしの『スポーツ外傷』について

こしのスポーツ外傷

こしの「スポーツ外傷」は、ひざが入ったり、高いところからの落下などによる直接のこしの打撲か、ウェイトトレーニングなど負荷の高いことをしているときに捻ったりして起こることが多いです。

多くの場合が、しばらくその場で動けなくなってしまいます。

 

まずはRICE処置をして様子をみて、痛みが軽くならないようであれば、速やかに整形外科を受診するようにしてください!

[kanren postid=”2477″]

[aside type=”boader”]【代表的なこしのスポーツ外傷】
・急性腰痛=ぎっくり腰
(きゅうせいようつう)
・腰椎椎間板ヘルニア
(ようついついかんばんへるにあ)
・腰部骨折
(ようぶこっせつ)[/aside]

 

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]こしのスポーツ外傷の場合は、痛みが強くて動けないことが多いんだよ

そんなときは無理せずに、アイシングをしっかりして、整形外科を受診するようにしてね![/voice]

 

 

こしの『スポーツ障害』について

こしのスポーツ障害

こしのスポーツ障害は、ざっくりと3つのタイプに分けられます。

・カラダを前屈したときに痛い場合は『屈曲型腰痛』
・カラダを後ろにそったときに痛い場合は『伸展型腰痛』
・カラダを捻ったときに痛い場合は『回旋型腰痛』

伸展型腰痛(しんてんがたようつう) 回旋型腰痛(かいせんがたようつう)

伸展型腰痛や回旋型腰痛の場合は、『腰椎分離症』を発症している場合があるので、整形外科を受診した方がいいです。

こしの痛みの場合は、長引くとどんどん悪くなってしまうので、早めに診察を受けることをおすすめします。

[aside type=”boader”]【代表的なこしのスポーツ障害】
・屈曲型腰痛
(くっきょくがたようつう)
・伸展型腰痛
(しんてんがたようつう)
・回旋型腰痛
(かいせんがたようつう)
・腰椎分離症
(ようついぶんりしょう)[/aside]

 

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/130873.jpg” name=”もとこ” type=”r icon_green”]カラダを前屈したり、後ろにそったりして、チェックできるから、わかりやすいですね![/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]そうだね

とくにきっかけがなく、だんだん痛くなってきた場合は、こうやってチェックしてみてね!

ただ、腰痛はカラダの使い方が下手だったりすることが原因だから、ちゃんとケアをしないと長引いたり、クセになったりするから注意してね[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/130873.jpg” name=”もとこ” type=”r icon_green”]わかりました!

さっそくやってみます♪[/voice]