ひじのケガを予防するための2つのポイント

ひじのケガを予防するための2つのポイント

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/14.png” name=”あい” type=”r icon_red”]だいじろうさん、こんにちは!

ちょっと相談があるんですけど。。。[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]こんにちは!

あいさん、どうかしました?[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/14.png” name=”あい” type=”r icon_red”]じつは、前から肘に違和感があって。。。

ひどくならないようにしたいんですけど。[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]そっか、テニスで少し無理しちゃってるのかな?

じゃあ、ひじのケガを予防するポイントについてまとめていくね![/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/14.png” name=”あい” type=”r icon_red”]はい!

ぜひお願いします![/voice]

 

 

ひじのケガを予防するための2つのポイント

ひじのケガを予防するための2つのポイント

ひじのケガを予防するためには、まずは肩をうまく使えるようになることが大切です。

そのポイントはこの記事を参考にしてみてください。

[kanren2 postid=”2972″]

加えて、次の2つのポイントを抑えていくことで、ひじのケガの予防につながります。

[aside type=”boader”]【ひじのケガを予防するための2つのポイント】
・ひじを十分に伸ばせる
・小指側の握力を鍛える[/aside]

 

 

ひじを十分に伸ばすためのコンディショニング

ひじを十分に伸ばせる

ひじのケガを予防するためには、ひじの周りの筋肉をしっかりと鍛えていくことが大切です。

そのためにも、まずひじを十分に伸ばすこと!

ひじは伸びた状態が最も安定し、曲がった状態では不安定になります。

この伸び具合に制限があると、ケガにつながります!

ひじから手首に走る筋肉をストレッチして、しっかりとひじが伸びる状態にしておきましょう。

 

 

小指側の握力を鍛えるためのコンディショニング

小指側の握力を鍛える

ひじのケガの原因で多いのは、小指側の筋肉がうまく使えていないこと。

小指側の筋肉はとても大切なのですが、弱くなりやすい部分でもあります。

普段から意識して鍛えておくことが大切です。

とくに野球のバットやテニスのラケット、剣道の竹刀など、棒状の道具をつかう競技であれば、道具をもつ際に、小指側を意識してもつようにするだけでも変わります。

練習のなかでも意識してみてください!