手のケガを予防するための3つのポイント

手のケガを予防するための3つのポイント

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/a207059-0.png” name=”ごろうまる” type=”r icon_orange”]だいじろうさん、こんにちは![/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]ごろうまるくん、こんにちは!

なにか相談かな?[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/a207059-0.png” name=”ごろうまる” type=”r icon_orange”]はい。

プレイ中にちょくちょく手や手首を傷めることがあって。

手や手首のケガを予防する方法がないかなーと思って、相談にきました。[/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]なるほど!

手や手首を傷めると力が入りにくくなったりもするから、プレイに影響するよね。

手や手首のケガを予防するポイントをまとめていくね![/voice]

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/a207059-0.png” name=”ごろうまる” type=”r icon_orange”]はい!

お願いしますm(_ _)m[/voice]

 

 

手のケガを予防するための3つのポイント

手のケガを予防するための4つのポイント

手のケガを予防するために大切なのは、手の土踏まずを鍛えることです!

足には土踏まずがありますよね?

同じように手にも土踏まずがあります。

その手の土踏まずを鍛えておくと、手や手首周りの力が入りやすくなるので、ケガの予防につながります!

今回は、手の土踏まずを鍛えて、手のケガを予防するためのポイントについてまとめていきます。

[aside type=”boader”]【手のケガを予防するための3つのポイント】
・指の関節を柔らかくする
・小指側の握力を鍛える

手の土踏まずを鍛える[/aside]

 

 

指の関節を柔らかくするためのコンディショニング

小指側の握力を鍛える

まず手首や手の指の関節を柔らかくすることが大切です。

手の力をたくさん使う競技では、関節が硬くなってしまっている場合があります。

関節が硬いと、その周りの筋肉の働きが悪くなってしまいます。

練習前後やお風呂中にストレッチなどをして、関節が硬くならないようにしておきましょう!

 

 

小指側の握力を鍛えるためのコンディショニング

指の関節を柔らかくするためのコンディショニング

手の指や手首の関節をしっかりと柔らかくしたら、次に大切なのは小指側の握力!

スポーツ動作はもちろんですが、普段の生活のなかでも、小指側の力は使う機会が少なく、握力が弱くなりやすい傾向にあります。

その状態で、手全体のトレーニングをすると、親指側ばかりが鍛えられてしまい、バランスが悪くなります。

そのバランスの悪さがケガにつながってしまいます。

手の力を鍛えていくためにも、まずは小指側の握力をしっかりと鍛えていきましょう!

 

 

手の土踏まずを鍛えるためのコンディショニング

手のアーチを鍛えるためのコンディショニング

手には細かい筋肉がたくさんあります。

その筋肉がしっかりと働くことによって、手の土踏まずが作られることになります。

手の土踏まずを鍛えていくためにも、地味ではありますが、手の指のトレーニングをしっかりと取り入れていくようにしましょう!