スポーツ栄養学とは?

スポーツ栄養学とは?

トップアスリート(エリートスポーツ選手)の素晴らしい活躍の背景にあるのは、ジュニア期から基礎的な体力や技術を身につけ、シニアになったから継続的に行われてきた専門的な技術的・体力的トレーニングがあること明らかになってきています。

そして近年では、トップアスリートになるためには、コンディショニングとトップパフォーマンスを支えるスポーツ栄養学の知識や知識を元にした栄養サポートの必要性がいわれています。

このこともスポーツトレーナーとして理解しておく必要があります。

 

スポーツ栄養学とは

スポーツ栄養学とは

栄養学という分野はまだまだ歴史は浅い分野であることは間違いないのですが、1910年頃からの学問であるのでかなりのデータの蓄積があります。

これがジュニアからトップに至るまで多くのアスリートが栄養・食事のサポートを受けれるようになっている礎であります。

この礎の上に、スポーツ栄養学は、スポーツ医・科学の重要な位置を占めるようになっています。

コンディショニングとトップパフォーマンスに関する基礎的、応用的、さらには実践的なスポーツ栄養研究によって、重要な研究成果が蓄積されるともに、多くの実践経験が積み重ねられてきました。

国際的に活躍するトップアスリートの競技力を支えてきた管理栄養士がしばしばメディアに取り上げられたこともあり、スポーツ栄養サポートに関心を持つ若い管理栄養士や栄養士が増えてきています。

その結果として、さまざまスポーツ競技において、ジュニアアスリートから大学生アスリート、そして社会人アスリートを対象とした栄養サポートが盛んに行われるようになってきました。

 

細野恵美さんのお話しです。

https://news.ameba.jp/entry/20171212-690

 

また、アスレチックトレーナーなど医・科学スタッフが栄養サポートに関わるケースもしばしばみられるようになってきました。

しかし、これらの栄養サポートが必ずしもスポーツ栄養学の理論を踏まえているとは言えないのが現状です。

断片的な知識によって行われていたり、適切に計画されていなかったり、栄養サポートの評価と効果判定が適切ではなかったりとか、あるいはアスリートの置かれた状況を十分に踏まえていないケースも時折みられたりします。

アスリートが良好なコンディションを保持し、高いパフォーマンスを獲得するためには競技に適した体重とそれを構成する最適な身体組成(筋肉と骨や体脂肪)が必要です。

そのため、スポーツ栄養サポートの基本はアスリートの適正なウエイトコントロールをサポートすることであり、アスリートの身体つくりとウエイトコントロールに関連する各種栄養素とエネルギーの適切な摂取を図ることです。

そして、スポーツ栄養サポートを効果的に実践するためには、トレーニングスケジュールの管理と競技の特性に見合った食事サポートが必要であり、その内容はアスリートのエネルギー消費量の評価とそれに基づく適切なエネルギー摂取、特に適正な炭水化物(糖質)摂取を指導することです。

また、コンディショニングに関わる栄養補給と水分補給についても指導することが求められます。

 

スポーツ栄養学とは

さらに栄養サポートの実践に役立つ食事計画を立て、特に捕食について適切に指導することが求められます。

アスリートにしばしばみられる栄養欠陥であるビタミン欠乏症、エネルギー不足、たんぱく質不足、鉄欠乏性貧血、そして女子選手の月経障害、摂食障害、および骨障害、さらに栄養素の過剰摂取などに起因する疾病についての理解とその対策も重要なスポーツ栄養サポートです。

試合前、試合当日、試合後あるいは遠征時、合宿時、さらにオフ期などさまざまな状況下における栄養ケアもスポーツ栄養サポートの実践的な課題として重要です。

そして、サプリメント摂取においても、その問題点を理解して、アスリートの置かれたさまざま状況に応じた適切な選択方法を提示することは、今日、スポーツ栄養サポートとして不可欠となっています。

ここ何年かで日本人の食生活は「健康的である」と国際的にも注目されていますが、それはあくまで平均的にみた場合に言えることあって、最近では食生活の多様化によって、不適切であるケースがしばしばみられます。

それはアスリートにとっても同様であり、特にジュニアから大学生のアスリートではしっかりとした栄養教育が重要となってきています。

当然ながら、トップアスリートばかりだけでなく、あらゆる年齢階層、競技レベルのアスリートに対して、それぞれに適切な栄養サポートが必要です。

そのためにはスポーツ栄養士やスポーツ指導者やアスレチック等、スポーツ医、科学スタッフとの緊密で継続的な連携が不可欠です。

そして、その中で、勉強、研究が必要で皆さんのレベルを上げていくことが必要事項だと思われます。