アスレティックリハビリテーションの考え方

アスレティックリハビリテーションの考え方

アスレティックリハビリテーションは、スポーツトレーナーの主要な業務の1つとして、指導、実践の機会が多くあります。

[kanren postid=”758″]

 

アスレティックリハビリテーションでは、アスリートやスポーツ愛好家の方々が対象です。

スポーツ外傷(急性外傷、慢性外傷)、外傷後遺症、疾病などの理由によって、スポーツの休止や制約を受けている対象者を、より良い身体の状態で競技復帰させることが目標となります。

 

スポーツトレーナーは、受傷・発症直後から競技復帰までの過程を通して、アスレティックリハビリテーションにかかわります。

そのかかわりの中では、円滑な競技復帰を果たすための指導にくわえ、復帰後の再発や後遺症を予防するための指導も重要です。

 

スポーツ活動やレベルの多様化につれて、アスレティックリハビリテーションのニーズは年々拡大されつつあります。

そして、その指導、実践する内容も、患部の治癒を促進させつつスポーツに必要な機能を得るための安全で効果的な方法が充実してきています。

 

ここでは、アスレティックリハビリテーションの概要についてまとめていきます!

 

アスレティックリハビリテーションの目標

アスレティックリハビリテーションの目標

スポーツトレーナーによるアスレティックリハビリテーションは、対象者が受傷・発症前に実施していたレベル以上の状態で競技復帰できるようにすることを目標としてます。

その際、アスリート自身やチームからの要望のみに応えていくと、重傷度や回復過程にあわない期間設定や、早期復帰のみを目標とした進行は非常に危険です。

当然ながら、患部が不完全な状態でのスポーツ復帰は、外傷後遺症の残存や再発につながるリスクがあります。

そのため、スポーツトレーナーには、関係職種との協議によって設定した復帰プログラムについて、アスリートやチーム関係者に理解を促していくことも求められます。

 

アスレティックリハビリテーションにかかわる職種

アスレティックリハビリテーションにかかわる職種

アスレティックリハビリテーションの過程でスポーツトレーナーと協働する職種は、ドクター、理学療法士、スポーツ指導者が主になります。

チーム内で役割分担されたスポーツトレーナーが複数いる場合は、そのトレーナーの方々もふくまれてきます。

こういった関係職種との間で、適時に的確な情報交換をはかり、アスレティックリハビリテーションを進行させていくことが大切です。

 

アスレティックリハビリテーションの実施機関・場所

アスレティックリハビリテーションの実施機関・場所

アスレティックリハビリテーションが実施される機関や場所は、医療機関かスポーツ活動の現場(チーム、学校など)などがあります。

これはとくに規定があるわけでなく、外傷の部位および重傷度、経過時期、回復程度、医療機関やスポーツ現場におけるアスレティックリハビリテーション環境の充実などによって変化する場合もあります。

 

アスレティックリハビリテーションの流れと内容

アスレティックリハビリテーションの流れと内容

受傷・発症後は、医療機関の受診が基本となり、ドクターの診察結果からアスレティックリハビリテーションが開始されます。

このとき、スポーツトレーナーは、アスレティックリハビリテーションの進行に必要な情報の収集と各種の検査・測定をおこない、改善すべき問題点と、進行上のリスクを明確にしておきます。

また対象者、関係職種とともに、回復への経過予測に基づいて時期と到達レベルの目標を協議して設定していきます。

そして、患部や身体にリスクがなく、効果的に問題点を改善するプログラムを作成し、アスレティックリハビリテーションの指導・実践に移行します。

 

スポーツトレーナーがアスレティックリハビリテーションに用いる手法としては、運動療法、補装具、物理療法が主なものになります。

しかし、効果的なアスレティックリハビリテーションの指導には、主義や指導にかんする方法のみの習得では不十分であり、基礎的な昨日解剖、スポーツ外傷・障害、機能評価についての知識を習得しておくことが重要になります。

[kanren postid=”1395″]

[kanren postid=”1398″]

[kanren postid=”1408″]

 

まとめ

以上のように、アスレティックリハビリテーションを円滑に進めていくためには、ドクターや理学療法士、チーム関係者の連携がもっとも重要です。

それらの関係職種と緊密にコミュニケーションをとりながら、円滑な競技復帰につとめていきましょう!

[kanren postid=”1416″]