スポーツトレーナーが知っておくべき運動器の機能解剖〜関節の構造と機能〜

スポーツトレーナーが知っておくべき運動器の機能解剖(関節の構造と機能)

[voice icon=”https://sports-trainers-share-site.com/wp-content/uploads/2019/01/13.png” name=”だいじろう” type=”l”]こんにちは!

STSSトレーナーのだいじろうです

スポーツ外傷・障害には関節系のトラブルも非常に多いです

その予防や治療をする上では、関節の機能解剖についての理解が必須!

基本的なところからしっかりと学んでいきましょう![/voice]

 

 

スポーツトレーナーが知っておくべき運動器の機能解剖

スポーツトレーナーが知っておくべき運動器の構造と機能

運動器とは、身体の運動に関係する組織・器官(骨・関節・筋・腱・靭帯・神経など)の総称です。

それぞれの組織や器官には独自の作用・機能があり、それらが連動・連携して運動器としての役割を発揮しています。

スポーツトレーナーが知っておくべき運動器の機能解剖として、次の項目について学んでいきましょう!

[aside type=”boader”]・骨の構造と機能
・関節の構造と機能
・靭帯の構造と機能
・筋の構造と機能
・骨格筋の神経支配[/aside]

今回は関節の構造と機能についてまとめていきます。

 

 

関節の基本構造

関節の基本構造

関節は、骨と骨とを連結し、荷重支持と運動機能の役割を担っています。

関節は、関節包と関節軟骨とに囲まれ、その内部(関節腔内)は関節液で満たされています。

部位によっては、半月板や靭帯などが存在する関節もあります。

 

関節包は外層と内層とに分けられ、外層は密な線維組織からなり、内層は疎な線維組織と滑膜からなります。

滑膜からは、水分や各種栄養物質が分泌され、関節液となります。

関節液の主成分は血漿から滲出液(しんしゅつえき)であり、軟骨細胞に栄養を与えています。

 

関節軟骨は関節表面に存在し、0.5〜5mm程度の厚さの硝子軟骨からできている、血管のない組織です。

関節軟骨はコツ組織よりも柔らかく圧力が加わると変形し、荷重を分散する役割があります。

 

関節の辺縁部には、線維軟骨からできた関節唇(肩関節や股関節)や半月板(膝関節)が存在します。

この関節唇や半月板は関節面の適合性を高め、厚を分散させる機能をもちます。

 

関節軟骨の下には非常に細かい海綿骨からなる軟骨下骨組織があり、関節軟骨とともに衝撃吸収と荷重分散の役割を果たしています。

 

 

関節の種類

関節の種類

関節は、その可動性の程度によって関節癒合と可動関節とに分けられます。

関節癒合は、可動性がごくわずかな関節であり、関節腔を持ちません。

可動関節は大きな可動性を持ち、さらに線維性関節、軟骨性関節、滑膜関節とに分けられます。

 

線維性関節には、縫合、靭帯結合、釘植などがあります。

縫合は頭蓋骨間に、靭帯結合は橈尺骨間、脛腓骨間にみられます。

 

軟骨性関節には、軟骨結合と線維軟骨結合などがあります。

椎間板を介する椎体関節や恥骨結合などにみられます。

 

滑膜関節はより可動性が大きな関節で、その動きの程度や種類によってより細分化されています。

平面関節は、肩鎖関節、手根間関節、足根間関節などのような関節をさします。

関節は関節包と靭帯で厚く覆われ、荷重伝達を主な役割とする、極めて可動性の少ない関節です。

蝶番関節は、屈曲・伸展の1軸性の動きをもっており、肘関節、足関節、指関節などのような関節をさします。

車軸関節も同様に1軸性の関節であり、近位橈尺関節があります。

顆状関節や鞍関節は、屈曲・伸展の他に内転・外転もおこなえる2軸性の関節であり、膝関節、て関節、第1中手手根間関節があります。

球関節は、その形状と動きから3軸の動きを持つ関節で、股関節や肩関節が含まれます。

 

 

関節軟骨

関節軟骨

関節軟骨は、表層、中間層、深層および石灰化層の4層に分けられます。

軟骨細胞は関節液の浸潤により栄養を受けており、表層に近い中間層で分裂しその数を増やすとともに、中間層から深層に移行するにつれて徐々に肥大していきます。

石灰化層に至ると細胞は石灰化し、死滅します。

関節軟骨内には血管や神経組織は存在しません。

 

関節軟骨の約70%は水分で、残り30%の有機質は、コラーゲン、グリコサミノグリカンなどで閉められています。

関節軟骨の水分は、軟骨の粘弾性と関節運動に際して、潤滑の一部を司る必須のものとされています。

また、関節軟骨中の有機物として、Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカンがあります。

プロテオグリカンはヒアルロン酸を核としてプロテオグリカン複合体を形成します。

その中には自由水が閉じ込められた形になっています。

Ⅱ型コラーゲンの耐摩耗性と軟骨内の自由水の浸み出しによって、歩行時の関節の摩擦係数は0.003〜0.02と著しく小さくすることが可能となっています。

 

[kanren2 postid=”1390″]

[kanren2 postid=”3018″]

[kanren2 postid=”3020″]

[kanren2 postid=”3022″]