スポーツトレーナーの役割

スポーツトレーナーの役割をその歴史や組織から紐解いてみる

競技スポーツの主な目的は競技パフォーマンスを上げていくことです

競技レベルが上がっていくにつれて,試合数が増えたり,遠征が多くなったりして,アスリートを取り巻く環境は厳しいものになります

そういった中で競技パフォーマンスを維持/向上させていくためには,スポーツ医科学について豊富な知識/技術を有するスポーツトレーナーによるサポートが必要になります

日本においてもスポーツトレーナーへのニーズが高まり,職域としての認知も定着しつつあります

それに伴って,スポーツ現場における健康管理面でのプロとして,その責任はますます大きくなっていきます

以下のような項目についても十分に把握し,スポーツトレーナーとして活躍していけるようにしていきましょう!

スポーツトレーナーの役割

スポーツトレーナーとは

[kanren2 postid=”752″]

[kanren2 postid=”754″]

 

スポーツトレーナーの役割

[kanren2 postid=”756″]

[kanren2 postid=”758″]

[kanren2 postid=”1065″]

[kanren2 postid=”1083″]

[kanren2 postid=”1081″]

 

医科学スタッフとの連携/協力

医科学スタッフってどんな人がいて,どんなことするの?
スポーツドクターとの関わり方
コーチとの関わり方

 

組織の運営と管理

スポーツトレーナーにも組織づくりが求められる?
アスリートのコンディションをデータで管理?

 

スポーツトレーナーの倫理

社会の中でのスポーツトレーナー
スポーツトレーナーが押さえておくべき倫理と医療関係法規
スポーツトレーナーを取り巻く法的諸問題