トレーニングの原則『特異性の原則』

【特異性の原則】競技に合わせたトレーニングでパフォーマンスをアップさせよう!

こんにちは!
PT/ATの田原です!

パフォーマンスを効率的にアップさせるためには
練習だけでなく,トレーニングを取り入れることが大切です!

トレーニングには
特異性の原則
過負荷の原則
漸進性の原則
意識性の原則
全面性の原則
個別性の原則
継続性の原則

という7つの原則があります

これらの原則を理解した上でトレーニングメニューを組んでいくと
より効果的なトレーニングが実施できるようになります!

今回は「特異性の原則」についてまとめていきます!

特異性の原則はSAIDの原則とも呼ばれています

SAIDとはSpecific Adaptation to Imposed Demandsの略で
「生体は課せられた刺激に応じて適応する」という考えです

例えば
筋力をつけることを目的とするのであれば
筋力を効率的につけるようなトレーニングを実施した方がいいですし
持久力を高めたいのであれば
持久力を高めるようなトレーニングを実施する必要があります

競技種目にはそれぞれその種目に必要な能力があります
その能力を向上させるようなトレーニングを継続することで
形態的・生理的な適応が生じるというのが特異性の原則ですね

 

競技に近い動作ばかりを実施していると
現在の能力で最大のパフォーマンスを発揮しようとするため
弱い部分が強化されず,能力が思うように向上しなくなります

いわゆる「伸び悩み」の状態になります

また,ある部分だけが酷使されるため
怪我が生じやすくなります

こういった問題を起こさないためには
専門的トレーニングと身体的な能力を向上させるトレーニングを
組み合わせていくことが大切です!

可能であれば自分の身体機能を分析し,長所と短所を把握します
次に,競技種目に求められる機能を分析し
自分自身の長所と短所を照らし合わせていきます

長所を伸ばすことも大切ですが
自分の短所の中でも競技種目に求められる機能であれば
そこを強化していくと競技パフォーマンスが向上していきます!

以上が特異性の原則です!

他のトレーニングの原則も理解した上で
トレーニングプログラムを実施していくと
より効果的・効率的なパフォーマンスアップが期待できます!

[kanren postid=”398″]

[kanren postid=”675″]

[kanren postid=”679″]

[kanren postid=”681″]

[kanren postid=”683″]

[kanren postid=”685″]